HOME > 大阪で金型製作に対応する【株式会社内外】のコラム > 大阪で金型製作・小ロット生産のプロとして簡易金型製作から精密板金の製作まで承る【株式会社内外】〜精密板金の加工の流れ〜

大阪で金型製作・小ロット生産のプロとして簡易金型製作から精密板金の製作まで承る【株式会社内外】〜精密板金の加工の流れ〜

大阪で金型製作・小ロット生産の事なら【株式会社内外】へ

大阪で金型製作・小ロット生産の事なら【株式会社内外】へ

大阪金型製作を行う【株式会社内外】は、試作品製作と小ロット生産を専門とする会社です。

1965年3月に大阪で創業後、商品開発支援の専門家集団として、長年にわたり培ってきた金型製作の技術とノウハウ、構築した設備・機器、新素材を生かして対応いたします。

品質の高さや迅速な対応に、きっとご満足頂けるはずです。金型製作・小ロット生産の事は、ぜひお任せ下さい。

大阪で金型製作の依頼ならお気軽に!簡易金型製作から精密板金の製作まで対応可能

大阪で金型製作をお考えでしたら、簡易金型製作から精密板金の製作まで対応できる【株式会社内外】をご利用下さい。

金型切削技術や熱可塑性樹脂成形を駆使して金型製作を行っていますので、簡易金型製作はもちろん、精密板金の製作まで対応可能です。

小ロット品や試作品は、置きコア方式で射出成型します。射出成型を行う事で、材料の物性や製品機能の検証・評価ができる高品質な製品を提供いたします。

複雑な形状の試作品、抜き・曲げ・絞りなどの加工を繰り返し行う加工品においても、高精度の精密板金が可能です。

精密板金の基本的な加工工程

精密板金の基本的な加工工程

加工前の準備(設計〜図面展開)

加工前の準備として、設計や材料選定、図面展開を行います。設計は、製品のコストを大きく左右する工程で、コストダウン実現の肝です。材料は使用環境や形状などを考慮して決定します。図面展開は、図面を確認しながら板金でどのような形にするのかをイメージする重要な工程です。

前加工(バリ取り・タップ加工)

加工前の準備を経て、専用の機械を用いて展開図のように抜き加工をしたら、バリ(切断面の切り残し)を取り除き、タップ加工(ネジの穴あけ)も行います。

曲げ加工・溶接・仕上げ

平らな板材に曲げ加工を施して、製品の形に近づけます。その後、溶接で加工後の部品同士を一体化し、ネジやボルトなどの締結部品を使って組み立てます。最後に、溶接部の盛り上がりや傷を平らにする研磨や塗装などの表面処理を行って仕上げます。

お役立ちコラム

大阪で金型製作の依頼をお考えなら【株式会社内外】へ

社名 株式会社 内外
電話番号 06-6721-8851(代)
ひかり電話 06-6185-8851(代)
Fax番号 06-6723-5123
住所 〒578-0935 大阪府東大阪市若江東町3-2-18 (アクセスマップ
3-2-18 Wakae higashimachi HigashiOsakaCity Osaka Japan
E-Mail
URL http://www.kknaigai.co.jp


ページトップへ

株式会社 内外 [財団法人日本品質保証機構 登録番号:ISO9001:2000/JQA-QMA10116]
〒578-0935 大阪府東大阪市若江東町3-2-18  Tel:06-6721-8851  Fax:06-6723-5123  ひかり電話:06-6185-8851 
URL:http://www.kknaigai.co.jp  E-mail:
Copyright(C) 2007 - 2014 NAIGAI Co.,Ltd. All Rights Reserved.