HOME > 試作品製作

試作品製作

試作品製作・少ロット生産の専門企業「内外(大阪)」では、これまで数多くの企業様からのご依頼を受け、あらゆる用途を持った試作品の製作に携わってまいりました。こちらでは、当社がどのような技術をもって試作品を製作しているのかについてご紹介いたします。1965年3月の創業以来、培ってきた高度な試作品製作技術を、どうぞご覧ください。

試作品が何のために必要なのか、出来上がった試作品でどんな点を確認すればいいのかについては、試作品の段階で確認しておきたいことのページでご紹介しています。あわせてご確認ください。

3D−CAD/CAM

3D−CAD/CAMを駆使して、図面を3Dデータ化し、マシニングセンター・NC機械にて切削加工します。3D−CAD/CAMにより、今までにはないスムーズな製作プロセスを実現するとともに、作成した3Dデータをお客様と共有することによって、量産化の際にも時間短縮に繋がります。
詳細な加工技術については、3D−CAD/CAMのページをご確認ください。

プロトタイプ製作

当社では、熟練のモデラー(製作技術者)が、デザイナーと一体となってデザイナーの意図や感性を忠実に表現したプロトタイプ(手作り試作品)を製作します。
詳細な加工技術については、プロトタイプ製作のページをご確認ください。

真空注型・3D-コピー

真空注型は、10〜100個程度のプラスチック試作品生産や、微量品製作、少ロット品生産に非常に適した方法です。金型品と比較した場合も、短期間かつ低コストでマスターモデルのコピー品を製作することができます。
詳細な加工技術については、真空注型・3D-コピーのページをご確認ください。

光造形

光造形とは、レーザー光線に当たると硬化する樹脂に、数値制御されたレーザー光線を照射することで樹脂表面を硬化させ、積み重ねて立体物を製作する方法です。
詳細な加工技術については、光造形のページをご確認ください。

粉体造形試作

粉体造形(粉体焼結積層造形)とは、レーザー光線で一層ごとに焼結(溶解・固化)させ、粉末の樹脂を積み重ねて立体物を作成する方法です。3Dデータを元に作成するため、複雑な形状を再現することが可能です。
詳細な加工技術については、粉体造形試作のページをご確認ください。

3D-プリンタ

3Dプリンタとは、3Dデータ通りに素材を積み重ねて立体物を作成する装置です。 使用素材や加工精度など、3Dプリンタのタイプによって大きな違いがありますが、人件費や製造にかかる時間の削減など様々な点でコストダウンしながらのサンプル作成が可能です。
詳細な加工技術については、3Dプリンタでできる事のページをご確認ください。

高度な試作品製作の技術でご要望にお応えします

大阪での試作品製作は、3D-CAD/CAMやプロトタイプ製作、真空注型・3D-コピー、光造形などに対応した【株式会社内外】が承ります。金型も製作しており、樹脂成形用簡易金型・精密板金用金型で小ロット生産でのご依頼も問題ありません。これまでに多くの企業様からご依頼を受けて試作品製作に携わってきた経験を活かし、お客様のご要望にお応えいたします。見積もりや納期のご相談もお気軽にお問い合わせ下さい。



ページトップへ

株式会社 内外 [財団法人日本品質保証機構 登録番号:ISO9001:2000/JQA-QMA10116]
〒578-0935 大阪府東大阪市若江東町3-2-18  Tel:06-6721-8851  Fax:06-6723-5123  ひかり電話:06-6185-8851 
URL:http://www.kknaigai.co.jp  E-mail:
Copyright(C) 2007 - 2014 NAIGAI Co.,Ltd. All Rights Reserved.