HOME > 加工技術 > 精密板金加工(抜き・曲げ・絞り)

精密板金加工(抜き・曲げ・絞り)

板金加工は金属材料の基本的な加工方法の1つで、主に「抜き」「曲げ」「絞り」といった3つのプロセスから成り立っています。当社では、充実した加工設備と加工技術によって、高品質な試作品・小ロット品の金属製製品を製作いたします。こちらでは、抜き・曲げ・絞りの特徴についてご覧いただけます。

抜き加工

板金加工における「抜き」とは、板材を専用の抜き型、パンチやレーザーなどによってせん断する加工方法です。プレス、レーザー、ワイヤーカット、タレパン(タレットパンチプレス)といった設備が用いられています。

曲げ加工

「曲げ」とは、その名が示す通り、板材を曲げることによって変形させる加工方法です。プレス・ベンダー・曲げ型などに、板材を乗せてパンチで押すことによって、任意の角度形状に曲げることができます。

絞り(ヘラ絞り)加工

「絞り」とは、平面の板材に、凹凸の金型を押し当てることで、立体形状に変形させます。ヘラ絞りは、型に固定した平面の板材を回転させながら、ヘラ・ローラーを押し当て、型に密着させて、円形の立体形状を製作します。



ページトップへ

株式会社 内外 [財団法人日本品質保証機構 登録番号:ISO9001:2000/JQA-QMA10116]
〒578-0935 大阪府東大阪市若江東町3-2-18  Tel:06-6721-8851  Fax:06-6723-5123  ひかり電話:06-6185-8851 
URL:http://www.kknaigai.co.jp  E-mail:
Copyright(C) 2007 - 2014 NAIGAI Co.,Ltd. All Rights Reserved.